MENU

腰痛に効く漢方薬

腰痛に効く漢方薬

西洋医学の薬は副作用もあるし、あまり体に優しくないというイメージがありますよね。ですので、副作用の少ない漢方薬に切り替えて体質改善を目指したいという方が最近増えています。そこで、どういった漢方が効果があるのかについてお伝えしたいと思います。

 

腰痛の原因は不明なことが多い

腰痛の8割はその原因が不明であることが多いとされており、お医者さんでもらうお薬は炎症を抑えるお薬であるため、短期的に痛み止めの効果があるにすぎず結局使い続けなければならないということになっています。漢方の目的はピンポイントではなく全体的に効果のあるものを配合しているため、痛みの原因がわからなくても総合的に治る可能性が出てきます。

 

内臓から来る腰痛

胃や腎臓、生殖器、泌尿器の不調により、うまく血が巡らなくなり身体へ不調をきたし、腰痛にも現れるといった症状があります。残尿感があったり、排尿排便がうまくいかないという状態のときは内臓から来る腰痛の可能性があります。

 

内臓から来る腰痛に効く漢方
六味丸黄丸、牛車腎気丸、八味地黄丸、独活寄生丸など

 

血行不良による腰痛

テレビ番組でよく見るドロドロ血の状態は様々な病気の元となりますが、腰痛の原因にもなります。血の巡りが悪い場合、女性ならば冷え性などもその結果でもありますし、男性ならばお風呂になったときにカラダが赤くなりづらいなどもあります。最近では炭酸泉などもありますので気になる方は体が赤くなるまでどのくらいかかるかなど体感してみるのもいいかと思います。

 

血行不良による腰痛に効く漢方
桃核承気湯、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、疎経活血湯、加味逍遙散など

 

気圧や季節、天候による腰痛

事故にあったことのある人でむちうちになったことのある人は雨の日は首が痛くなるといったことがあるのではないでしょうか?私たちの体はそのくらい気圧、温度、湿気などに敏感に入り込み異常をきたすことが多くなります。そうしたときは血行を促進する漢方がお勧めです。

 

気圧や季節、天候による腰痛に効く漢方
桂枝加朮附湯、苓姜朮甘湯

 

 

このように漢方はいろいろな種類がありますが、自分の腰痛のケースというのは自分で分かっているつもりでも、わかっていないという場合も多いです。ですので購入の際はどういった漢方がいいのかというのは薬剤師の方やお医者さんに相談するのがいいかと思います。

 

また、痛み止めという意味では、副作用の少ない第三医薬品もおすすめです。

 

腰痛に効く医薬品ランキング

関連ページ

腰痛に効く食事、食材
腰痛に効く食事、食材をご紹介します。
腰痛の治し方
腰痛の治し方をご紹介します。
妊娠初期の腰痛の対処法
妊娠初期の腰痛の対処法をご紹介します。
ぎっくり腰の治し方
ぎっくり腰の治し方についてご紹介します。
腰が痛いときの対処法
腰が痛いときの対処法をご紹介します。