MENU

妊娠初期の腰痛の対処法

妊娠初期の腰痛の対処法

 

妊娠初期の腰痛はただでさえ不安な妊娠の初期に起こるため、どうしたらいいのかわからないという方も多いですよね。そんな妊娠初期の腰痛はどんなものなのか、対処法についてお伝えしたいと思います。

 

妊娠初期の腰痛はなぜなるの?

腰痛がなかった人でも妊娠初期には腰痛に悩まされる人がいます。それは、妊娠により子宮が大きくなり、骨盤が大きくなる影響で妊娠中の腰痛になる方は多いです。妊娠初期はさほどではありませんが、月齢が進むにつれ、赤ちゃんの重さが増えてきて純粋な重さによって腰痛になったり、姿勢が崩れるために腰痛になってしまうケースがあります。

 

妊娠初期の腰痛の対処法

一般的に妊娠初期の腰痛にはマタニティ用の骨盤ベルトをすることである程度の緩和が見込めます。また、可能であれば横になるなどの休息をとることも有効です。ストレッチや筋トレに関しては控えるほうが良いかと思います。妊娠初期用のストレッチを調べて行うものいいかと思いますが、やりすぎると悪化の原因になりますのでほどほどに。

 

また、骨盤が変化しているため、おかしなところをケガする可能性もあるのです。特に妊娠初期は不安定のため過度の運動はもちろん過負荷の運動も控えることは鉄則です。

 

妊娠初期の腰痛はいつまで続く?

妊娠初期の腰痛は胎盤の変化が安定する頃、15週程度で落ち着くという見解があります。しかし、前述したように次は重さや姿勢で腰痛になる場合も多いですのでやはり骨盤ベルトを用意しておくほうがいいかと思います。骨盤ベルトには産後のスタイルを早く戻す効果もあるため、早めに用意しておいたほうがいいかと思います。

 

腰痛に効く薬はOK?NG?

腰痛に効く薬というのはいろいろありますが、妊婦が飲んでいいかというのはわからないという方は多いかと思います。中には産前産後を対象とした医薬品もありますので、痛みが引かないようでしたら医薬品に頼るのもいいかと思います。

 

腰痛に効く医薬品ランキング

 

(使用の場合は、必ずかかりつけ医に相談をするようにしてください。)

関連ページ

腰痛に効く食事、食材
腰痛に効く食事、食材をご紹介します。
腰痛に効く漢方薬  
腰痛に効く漢方薬をご紹介します。
腰痛の治し方
腰痛の治し方をご紹介します。
ぎっくり腰の治し方
ぎっくり腰の治し方についてご紹介します。
腰が痛いときの対処法
腰が痛いときの対処法をご紹介します。