MENU

ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰の治し方

突然なってしまうぎっくり腰、どうしたらいいのかというのは分かりませんよね。そんなぎっくり腰の治し方をお伝えしたいと思います。

 

ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰は基本的にはお医者さんに行っても湿布を張って様子見をしてください。といわれる類の症状です。ですので、ぎっくり腰になってしまったら、頑張ってお医者さんに行くよりも家で安静にしているほうがいいという意見もあります。

 

さて、そんなぎっくり腰ですが腰椎椎間という部分の何らかの異常であることが多いとされています。その中にはヘルニアや骨折などの原因もあるため、膝倒しストレッチや湿布などをしても痛みが引かない、緩和しないという場合は病院に行ったほうがいいかと思います。

 

ぎっくり腰を治すには温める?冷やす?

ぎっくり腰になったときに、腰は冷やしたほうがいいのか?温めたほうがいいのか?というテーマがあります。痛みが強い場合は、冷湿布で炎症を抑え、痛みをとることに専念するのがいいかと思いますが、ぎっくり腰は炎症を起こしている状態、つまり自己治癒している状態ですので温めてあげたほうが治りは早いです。

 

だからといって、痛みが引く前に早く治るからといって温めてしまうと痛みに悶えることになりかねませんので、自身で調節しながら最終的に温めるという方向にシフトするのがいいかと思います。また、温湿布は温める成分がかぶれの原因になることも多いことや、限定的であることから冷湿布をあらかじめ温めておいて、湯たんぽやシャツ越しのカイロなどで温めるほうがいいでしょう。

 

ぎっくり腰の時は動いたほうがいい?

ぎっくり腰だからといって、動かないと治らないという話を聞いたことがあるかと思いますが、あくまでぎっくり腰になった翌日から動けというわけではありません。2~3日程度は無理のない気持ちいい程度のストレッチをしてその後にゆっくり少しずつ体を動かすようにしましょう。

 

ぎっくり腰の時に痛み止めはOK?NG?

ぎっくり腰の時の痛み止めといえば、ロキソニンですがこれは特に飲むタイプでなくても湿布に含まれていることが多いため意識してとる場合は湿布をした状態でも痛むときです。

 

ロキソニン以外にも副作用リスクの低い第三医薬品での痛みの原因を改善する薬もありますので、検討してみてはいかがでしょうか?

 

腰痛に効く医薬品ランキング

関連ページ

腰痛に効く食事、食材
腰痛に効く食事、食材をご紹介します。
腰痛に効く漢方薬  
腰痛に効く漢方薬をご紹介します。
腰痛の治し方
腰痛の治し方をご紹介します。
妊娠初期の腰痛の対処法
妊娠初期の腰痛の対処法をご紹介します。
腰が痛いときの対処法
腰が痛いときの対処法をご紹介します。